2018年4月17日火曜日

勉強会

こんにちわ(*^o^*)
涼しく過ごしやすい日もあれば
汗をかいてしまうほど暑い日もあって
体調を崩しやすい時期です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?


さて、先日行われた
玉名郡市歯科医師会主催の学術講演会に
大先生、院長、歯科技工士の本田、
そして歯科衛生士の鶴岡岩崎中村で
参加させていただきました。

今回の講演会では
熊本市で開業していらっしゃる
永田歯科の永田省藏先生の
貴重なお話を聴くことができました。

テーマは補綴について。
補綴とは、患者さまのお口にはいる
被せ物や入れ歯のことをいいます。

患者さまによって残っている歯の数、
残っている歯の場所、歯の向き、
歯の長さ、噛む強さ、などなど、、、
様々な個性があります。

様々な資料(レントゲンやお口のお写真など)
をはじめにしっかり収集します。
もちろん、患者さまの希望もお聞きしながら。
そしてその結果をしっかり分析します。
先生方は一人一人の患者さまに合わせて
どの治療が1番適切な治療なのか
担当歯科衛生士と共に考えています。

今回はその大事な部分である
診断というところの内容でした。

先生方をはじめ、私たち歯科衛生士も
これから患者さまにより良い治療を
提供できるよう今回の内容を
しっかり活かしていきたいと考えております。


もし、なにか治療のことや歯磨きのことについて
お悩みやご不安な点があれば
ご来院の際いつでもスタッフに
ご相談くださいねっ(^.^) ☆


岩崎

0 件のコメント: